カテゴリー別アーカイブ: 経営

【厚労省】8月以降の雇用調整助成金の特例措置等について

投稿者:

【厚労省】8月以降の雇用調整助成金の特例措置等について

雇用調整助成金の特例措置が、8月も継続されることになりました。

9月以降は、状況を見て、7月に公表されるようです。

特例措置は、緊急事態宣言、まん延防止措置の地域や、3ヶ月平均の生産指標(売上高や生産量など)が、前年や前々年比30%以上減少の場合に、休業手当の満額(日額15,000円まで)が支給されます。

詳細はリンク先をご覧下さい。

【東証】改訂コーポレートガバナンス・コードの公表

投稿者:

【東証】改訂コーポレートガバナンス・コードの公表

東証では、コーポレートガバナンス・コードの改訂に係る有価証券上場規程の一部改正を行い、

6月11日から施行されました。

主な改正ポイントとして、

  • 独立社外取締役を3分の1以上選任(プライム市場)
  • 指名委員会・報酬委員会の設置
  • 取締役会が備えるべきスキルと、各取締役のスキルの対応関係の公表
  • 他社で経営経験を有する人を社外取締役へ選任
  • 管理職における多様性の確保(女性、外国人、中途採用者)についての考え方と目標の設定

などが挙げられます。

詳細はリンク先をご覧下さい。

【共同通信】銀行・証券の情報共有を規制緩和 金融庁、競争力向上へ

投稿者:

【共同通信】銀行・証券の情報共有を規制緩和 金融庁、競争力向上へ

現在は、同じグループ内の銀行、証券会社の情報共有は、

「ファイアウォール規制」により禁じられています。

今後、顧客が上場企業の場合を対象に、顧客の事前同意がなくても、グループ内での情報共有が出来るようにするそうです。

優越的地位の乱用の防止から、総合的サービスの提供による双方のメリット享受への転換ですね。

 

【日経】脱炭素・DX投資に税優遇 改正競争力強化法が成立

投稿者:

【日経】脱炭素・DX投資に税優遇 改正競争力強化法が成立

改正産業競争力強化法が、参議院本会議で可決成立しました。

脱炭素・DX投資減税や、株主総会をオンラインのみで開催出来る、といった内容です。

特に後者に関して、当初は、今月末に集中する3月決算会社の株主総会に間に合わせる予定でしたが、成立まで時間がかかり、間に合わなくなりました。

【経済産業省】『「攻めの経営」を促す役員報酬-企業の持続的成長のためのインセンティブプラン導入の手引-』を改訂しました

投稿者:

【経済産業省】『「攻めの経営」を促す役員報酬-企業の持続的成長のためのインセンティブプラン導入の手引-』を改訂しました

経済産業省から、『「攻めの経営」を促す役員報酬-企業の持続的成長のためのインセンティブプラン導入の手引-』が公表されていますが、

2021年3月に施行された改正会社法の役員報酬関連部分への対応にかかる部分を中心に、改訂されました。

手引きは、以下のような内容が記載されています。

Ⅰ.「攻めの経営」を促す役員報酬の概要

Ⅱ.株式報酬、業績連動報酬に関するQ&A~平成28年度以降の税制改正を踏まえて~

Ⅲ .株主総会報酬議案(例)

Ⅳ .譲渡制限付株式割当契約書(例)

Ⅴ.株式報酬規程(例)

 

【時事通信】雇調金、7月末まで特例継続 緊急宣言の延長踏まえ―厚労省

投稿者:

【時事通信】雇調金、7月末まで特例継続 緊急宣言の延長踏まえ―厚労省

【厚労省】7月以降の雇用調整助成金の特例措置等について

雇用調整助成金の特例措置が、7月も継続されることになりました。

8月以降は、状況を見て、6月に公表されるようです。

特例措置は、緊急事態宣言、まん延防止措置の地域や、3ヶ月平均の生産指標(売上高や生産量など)が、前年や前々年比30%以上減少の場合に、休業手当の満額(日額15,000円まで)が支給されます。

詳細はリンク先をご覧下さい。

 

【経済産業省】政府系金融機関による実質無利子・無担保融資の期限延長について

投稿者:

【経済産業省】政府系金融機関による実質無利子・無担保融資の期限延長について

【共同通信】無利子融資、年末まで延長

政府系金融機関による実質無利子・無担保融資の申請期限を、6月末から年末まで延長するようです。

ある1ヶ月間の売上が、前3年のいずれかと比較して、一定程度減少していると、

当初3年間は、実質無利子・無担保融資となる制度です。

詳細はリンク先をご覧下さい。

【経済産業省】事業者におけるテレワーク等の実施状況を取りまとめました

投稿者:

【経済産業省】事業者におけるテレワーク等の実施状況を取りまとめました

経済産業省では、事業者におけるテレワーク等の実施状況を取りまとめ、公表しました。

テレワーク推進事例として、

  • 会議・研修を原則オンライン化
  • テレワーク手当の支給
  • 全社員への携帯電話貸与
  • ペーパーレス、ハンコレス化

感染防止策として、

  • 会社負担でのPCR検査の実施
  • ワクチン接種にかかる時間を勤務時間として扱う

などが取り上げられています。

詳細はリンク先をご覧下さい。

【特許庁】外国出願に要する費用の半額を補助します

投稿者:

【特許庁】外国出願に要する費用の半額を補助します

中小企業も海外進出している企業が多いと思います。

特許や商標権は、日本で取得したものが全世界で有効という訳ではなく、

各国で出願して権利を保護する必要があります。

そのための費用は多額になり、中小企業にとっては負担になります。

特許庁では、補助率2分の1として上限300万円まで補助する制度を設けています。

詳細はリンク先をご覧下さい。

【経済産業省】2021年版中小企業白書・小規模企業白書をまとめました

投稿者:

【経済産業省】2021年版中小企業白書・小規模企業白書をまとめました

経済産業省から、「2021年版中小企業白書・小規模企業白書」が公表されました。

新型コロナウイルス感染症の影響で、中小企業の業況は引き続き厳しい状況にあります。

しかし、これを好機ととらえて、顧客ニーズ、自社の強みに着目して、事業の見直しも重要、と訴えています。

また、事業承継に関して、M&Aの件数が増えているようです。

事業承継後に、販路開拓や経営理念の再構築など新たな取組にチャレンジする企業が多いようで、企業の発展・成長のために事業承継の推進は重要、と言えます。

経営に参考となる情報があると思いますので、是非ご一読下さい。