カテゴリー別アーカイブ: その他

【日経】車検登録をデジタル化、国交省 クレジット決済も導入

投稿者:

【日経】車検登録をデジタル化、国交省 クレジット決済も導入

【国交省】自動車検査登録の窓口手続をより便利にします!

2022年以降に、支払のキャッシュレス化、車検登録のデジタル化が進められるようです。

検査登録手数料及び自動車重量税については、クレジットカードによる一括決済を実現し、順次QRコード決済を導入していくようです。

また、申請書をパソコンやスマートフォンによる入力が出来るサイトを開設し、法務局との連携により、登記事項証明書等の添付書類のデジタル化が推進されます。

実現後はかなり便利になりますね。

【時事通信】みずほ銀、振込手数料下げ 今秋から、3メガバンク足並み

投稿者:

【時事通信】みずほ銀、振込手数料下げ 今秋から、3メガバンク足並み

みずほ銀行も10月1日から振込手数料を引き下げるそうです。

銀行間手数料の引き下げが決まっていたため、それが振込手数料の引き下げに反映されるか注目されていました。

すでに、三菱UFJ銀行と三井住友銀行が、引き下げを公表していたため、みずほ銀行も引き下げることで、メガバンク3行が揃って引き下げることになりました。

【産経】車保険料、1~2%下げ 事故減で大手、来年1月

投稿者:

【産経】車保険料、1~2%下げ 事故減で大手、来年1月

来年(2022年)1月から、任意の自動車保険料が、2年連続引き下げられるそうです。

引き下げ幅は、東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険は平均で約2%、損保ジャパンは1~2%のようです。

自動車事故の減少によるものです。

 

【朝日】透けるタイプもあります 日生がクリアファイルを紙製に

投稿者:

【朝日】透けるタイプもあります 日生がクリアファイルを紙製に

普段仕事でよく使う「クリアファイル」は、ほとんどがプラスチック製だと思います。

全国では相当な枚数が使われているのではないでしょうか。

日本生命では、環境への配慮から、2024年度新規購入分から、紙製に切り替えるそうです。

レジ袋廃止の流れのように、クリアファイルの切り替えも進むのでしょうか?

【日本郵便】安心して置き配をご利用いただくための保険の導入

投稿者:

【日本郵便】安心して置き配をご利用いただくための保険の導入

【時事通信】日本郵便、「置き配」普及へ保険料負担 再配達減らす狙い

日本郵便では、「置き配」を対象とした保険を導入します。

新型コロナウイルス感染拡大により、置き配ニーズが高まる一方、盗難リスクがあるため、現状置き配の普及が進まない中で、安心して置き配を利用できるよう、保険を導入するようです。

商品の購入代金か10,000円のいずれか低い金額まで補償されます。

保険料は日本郵便の負担で、利用者の負担はありません。

【日経】地震保険料、東日本大震災後で初の下げ 全国平均0.7%

投稿者:

【日経】地震保険料、東日本大震災後で初の下げ 全国平均0.7%

地震保険料が、2022年度に、全国平均で0.7%引き下げられるようです。

ただし、地域別にみると、引き上げられる地域もあります。

最新の予測モデルを反映したためのようです。

火災保険料は、来年度には値上げするようです。詳細はこちら↓

【朝日】火災保険料、来年度にも値上げへ 契約期間は5年に短縮【2021年5月21日付ブログ】

 

【日本郵便】特別あて所配達郵便の取り扱いの試行

投稿者:

【日本郵便】特別あて所配達郵便の取り扱いの試行

日本郵便では、2021年6月21日~2022年6月20日の期間に、

「特別あて所配達郵便」を試行することになりました。

これは受取人の住所は分かっているが、氏名が分からない場合でも、郵便物を配達するものです。

  • 受取人の氏名が記載されていない
  • 定形郵便物または通常はがき
  • 料金後納

などの条件があります。

NHKでは、7月からこの「特別あて所配達郵便」を受信料徴収業務に導入することにするそうです。

【朝日】火災保険料、来年度にも値上げへ 契約期間は5年に短縮

投稿者:

【朝日】火災保険料、来年度にも値上げへ 契約期間は5年に短縮

火災保険料は、来年度も値上げされるようです。

自然災害の増加により、保険金の支払額が増えているためです。

また、最長10年となっている保険期間も5年に短縮するそうです。

保険料の値上げを反映されやすくするためです。

【日経】在宅勤務状況一覧に、経産省 上場3800社に呼びかけ

投稿者:

【日経】在宅勤務状況一覧に、経産省 上場3800社に呼びかけ

経済産業省は、企業のテレワークの実施状況を一覧できるウェブサイトを開設するそうです。

上場企業3800社を対象としていますが、非上場企業でも希望する場合には掲載できるようです。

新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークの実施拡大、学生の就職活動に活かすことを狙いとしているようです。